消化器外科・消化器内視鏡検査 診療案内

消化器疾患(胃、腸)の予防・治療に最も効果的な医療が内視鏡(胃カメラ・大腸内視鏡)です。当院での内視鏡は、苦痛なく、安全で正確な検査・治療を心がけております。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡検査の特徴は、レントゲンと違い、上部消化管粘膜の状態を直接観察でき、ポリープやただれ、潰瘍など胃の表面の変化(病変)を見つけることに最良の検査です。
また、同時に細胞・組織の一部を採取し生検や細胞診と呼ばれる病理検査も行うことができます。その他、内視鏡的治療を行うこともできます。

胃内視鏡での観察

口から咽喉頭→食道→胃→十二指腸→胃→食道→声帯周辺→終了
※胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、その場で診断し治療を開始できます。

上部消化管内視鏡での主な検査・治療

スクリーニング検査、精密検査、色素内視鏡検査
胃・十二指腸潰瘍出血などの「内視鏡的止血術」
ポリープ切除、早期胃癌、早期食道癌などの「粘膜切除術」
食道内異物、胃内異物などの「異物除去術」

☆当院では、検査終了後、回復室の設備があります。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡検査は、一般に「大腸ファイバー」とも呼ばれています。
肛門からファイバースコープを挿入し、直腸・S状結腸・下行結腸・横行結腸・肛門からファイバースコープを挿入し、直腸・S状結腸・下行結腸・横行結腸・リープなど)を診断・治療いたします。

次のような症状の方に検査をお勧めします。

  • 便潜血反応が陽性の方
  • 以前に大腸ポリープを指摘された方
  • 以前に大腸の手術を受けた方
  • 検診にて異常を指摘された方(レントゲン検査など)
  • その他の症状として、
    ・便に血が混じる、便が黒っぽい
    ・排便後の出血や下血
    ・便秘または下痢を繰り返す
    ・便が細い
    ・腹痛が続く

◎上・下部内視鏡検査は、原則として予約が必要です。