• 外来
  • 手術室
  • 人工透析室
  • 集中治療室
  • 産婦人科病棟
  • 一般病棟

外来

地域の中核的な総合病院として、また救急医療の最後の砦として市民の皆様にとって安心できる医療を提供できる病院を目指しています。納得のいく医療、診療体制で銚子市民の健康を支えます。
職員一同、相互に連携・協力しあいより良い医療の提供のため日々取り組んでおります。

手術室

手術室数 3室
年間手術件数約1000件(外科・産婦人科・眼科・心臓血管外科・泌尿器)
手術室専属スタッフと各科外来看護師がチーム連携を図り、患者様が安全で安心して手術に臨めるように、努めています。
外科手術では近年、4Kモニターシステムを使用した腹腔鏡下手術が増加傾向にあります。
また、血管外科にて、下肢静脈瘤に対して、レーザー手術も行っており、低侵襲手術に取り組んでいます。医師・看護師 コメディカルが一丸となりチーム連携を図り最善の医療を提供できるように努めています。

人工透析室

透析室では血液透析(HD)を中心としその他、血液濾過透析(HDF)、持続緩徐式血液濾過(CHDF)、血液濾過(HF)、腹膜透析(PD)、閉塞性動脈硬化症に対し「LDLアフェレシス療法」等の特異的な血液浄化療法を行うことが可能です。また、シャントトラブルに対しては経皮的血管拡張術(PTA)等を行い院内での速やかな対応が可能です。近年、年齢を問わず透析療法を受けられる患者様が増えています。患者様にとって制限もあり大きな不安と心配でいっぱいの事と思います。
これらの不安が少しでも軽減でき、より良い透析生活を送って頂ける為に透析室スタッフ一同お手伝いしたいと思っています。

集中治療室

個室3床、多床室9床 計12床あります。集中治療室では、重症患者様を管理するに当たり人工呼吸器をはじめ持続血液ろ過透析・エンドトキシン吸着療法、大動脈バルーンパンピング(IABP)等の循環補助装置といった高度生命維持装置を必要に応じて導入し重症患者様の予後改善に努めています。主治医・各科の専門医・看護師・臨床工学士・理学療法士と協力しながらチーム医療にあたっています。

産婦人科病棟

当院の産婦人科は、入院された皆様が安心して入院生活を過ごすことができるよう援助いたします。特に産科は安全、安心、楽しいお産を目指しています。自然分娩、母乳育児が確立できるように、そして家族全員に囲まれてみんなが笑顔で楽しく妊娠・出産の時を共有できるようサポートするよう心掛けています。お部屋は全面個室、ポートタワーと昇る朝日、銚子大橋と沈む夕陽は絶景です。一生に一度の大切な瞬間をお過ごし下さい。

一般病棟

A2病棟

A-2病棟は35床あり、内科・外科・透析科等の入院患者様の多い慢性期の混合病棟です。介護度の高い患者様のケアを看護師・看護助手をはじめ各医療チームとの連携をはかりながら行っています。長期臥床患者様の療養生活の援助やご家族の介護支援、医療連携室をまじえた退院支援を行っています。終末期を迎えられた患者様には、患者様とそのご家族を支えより良い看取りができるようにスタッフ一丸となり日々ケアに取り組んでいます。

A3病棟

A-3病棟は個室13床からなる病棟です。入院による様々な不安やストレスがある中でプライバシーが保たれ、ご家族との大切な時間を過ごせる静かで落ち着いた療養環境を送ることができます。病棟を受け持つ看護師は看護助手・病棟クラークと共に多彩なフォローが出来るよう心がけ、常に患者様やご家族の声に耳を傾け手厚くサポート出来るよう取り組んでいます。

B4病棟

B-4病棟は24床のうち6床が個室になっています。急性期から終末期、眼科の日帰り手術や心臓カテーテル検査を目的とした短期入院糖尿病の教育入院など、多種多様に対応できる病棟です。患者様及びご家族が納得する退院を目指し退院後の生活を予測した、継続性を重視した看護を心掛けています。

F3病棟

F-3病棟は慢性期の混合病棟です。ナースステーションはオープンカウンターになっており、常に患者様の状態が把握できるようになっています。長期療養患者様が多く、他職種との情報を共有しスムーズに退院、施設入所等行えるように対応しています。患者様が良い環境で入院生活が送れるように心掛けています。

F4病棟

F-4病棟は総合内科・外科・心臓血管外科・眼科・耳鼻科・泌尿器科の混合病棟です。内科系では、急性期を脱した心筋梗塞・心不全・慢性疾患など様々な疾病を抱えた患者様が入院します。また、心臓カテーテル検査・治療や不整脈に対する心筋焼灼術(アブレーション:ABL)を行う患者様も受け入れています。外科系では、消化器系の外科手術、心臓血管外科の心臓手術・下肢レーザー、眼科の白内障、泌尿器の針生検、化学療法などといった様々な患者様の看護を行っています。鋭い観察力・迅速な対応・きめ細かい対応が求められます。病棟ではスタッフ間でカンファレンスを行い、知識を深めています。看護師の気づきが患者様の容態に関わります。そのため、看護師の経験・知識がとても重要です。不安を抱えている患者様の身体面だけでなく、患者様の立場になって考え看護が出来る病棟を目指しています。