超音波検査とは?

超音波検査は、人の耳に聞こえない高い周波数(放射線ではありません)を利用して体の中を画像として映し出す検査です。
超音波の持つ直進性や指向性、媒質の変化による反射や屈折などの性質を利用し反射した音波(エコー)をコンピューター処理し、画像に変換し診断します。

超音波検査種類