• 教育目的・目標
  • 総合研修
  • 新人研修
  • 支援制度

教育目的・目標

教育目的

個々の立場に応じた成長を促し、日々の看護活動を生き生きと行い、信頼され期待される看護職員を育成する。

教育目標

1.主体的な看護の実践が出来る能力を養う。
2.チームによる看護活動の中で、問題解決が出来る能力を養う。
3.医学の進歩に平行して適切な看護が出来る。
4.常に研究的な態度を持ちつづけ、発展させるための取り組みが出来る。

各研修の目標

1.総合研修(院内・院外)
 ① 多くの研修に参加し、専門的な知識・技術を取得する。
 ② 研修で得たものは院内にて発表し、多くの看護職員に伝え能力の向上を目指す。
2.新人研修・看護補助者研修
 ① 基本的な臨床実践能力を確実なものとし、習得する。
 ② 社会的責任や基本的態度を習得する。
 ③ 看護職員の一員としての責任を自覚し、知識・技術を習得し、看護補助能力を高める。

総合研修

看護職員の個々の学習ニーズと目標を尊重し、専門職業人としての成長・発達を支援する教育環境を目指しています。
院外研修への参加を促し、専門的な知識・技術を取得できるように、サポート体制を整えています。

当院では、平成26年から「学研ナーシングサポート」を導入しました。
学研ナーシングサポート」はインターネット環境を利用し全7コースの講義を受講することができます。
個人のペースに合わせて、病院だけでなく自宅でも学習することができます。

平成30年度 院内研修予定

4月 新人オリエンテーション
教育担当会議
5月 医療事故防止委員会:救急・AED講習(新人職員対象)
6月 感染予防委員会前期研修(職員全員対象)
7月 ※「学研ナーシングサポート」を活用
8月 医療事故防止委員会研修:KYT研修(職員全員対象)
9月 ※「学研ナーシングサポート」を活用
10月 ※「学研ナーシングサポート」を活用
11月 ※「学研ナーシングサポート」を活用
12月 医療事故防止委員会研修(職員全員対象)
H31年 1月 ※「学研ナーシングサポート」を活用
2月 感染予防委員会研修(職員全員対象)
3月 教育担当会議
次年度計画立案

平成30年度 院外研修予定

4月  
5月 新人看護職員研修:看護協会
「情報管理 感染管理」
「摂食・嚥下障害のある患者の食事介助」
6月 新人看護職員研修:看護協会
「スキンケア 心電図 心肺蘇生法」
7月 看護管理者研修①:看護協会
8月 看護管理者研修②:看護協会
9月 看護管理者研修③:看護協会
新人看護職員研修:看護協会
「与薬の技術と薬剤管理・医療安全」
10月 新人看護職員研修:看護協会
「物品管理と経済効果・死後の処置」
11月 2年目看護師対象
「心肺蘇生法トレーニングBLS取得」
12月  
H31年 1月 未定
2月 未定
3月 未定

新人研修

新人看護職員に対しては、厚労省の「新人看護職員研修ガイドライン」をもとに支援体制を整備しています。特に、慣れない環境の下で陥りがちな精神的なサポートはチューターシップ体制をとるなどし、専門職としての成長に専念できるよう支援しています。
また、看護技術に関しては、チェックリストを使用しプリセプターの指導を受け看護技術を取得できるようサポートしています。
プリセプターをキーパーソンとし、スタッフナース・主任・師長が不足な部分をフォローし、その部署全員で新人看護師を育てています。

新人ナースをプリセプターがマンツーマンでサポート。
スタッフナース・病棟主任・師長がみんなで新人ナースを育成します。

平成30年度新人教育プログラム

支援制度

奨学金制度の利用

助産師及び看護師を養成する学校を卒業後、直ちに島田総合病院に就職される方を対象とし、修学援助のため奨学金を支給します。
現在、看護大学・専門学校に在籍中の方や進学希望者の方が対象です。お気軽にお問い合わせください。
卒業後、一定期間、島田総合病院に勤務すれば返還は免除されます。
(銚子市 奨学金制度の併用可)

研修制度

専門看護師・認定看護師など、その他、資格取得したい方に対しバックアップします。