人工透析 診療案内

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 齋藤 駿河 小林 有俊 嶋田 貴之
(第2・4週)
松本 卓
齋藤 駿河
小林 有俊
齋藤 駿河
嶋田 隆
(第1週)
午後 嶋田 隆   簡野 泰光   内田 伸平 中田 由紀子

一般社団法人日本透析医学会透析教育関連施設認定

当院は、平成28年4月1日から、総合病院国保旭中央病院との連携により、日本透析医学会教育関連施設として認定されることになりました。

主な施設認定基準

  1. 緊急の検査ができる
  2. 更生医療の認定施設である
  3. 透析専門医が在籍している
  4. 透析導入ができる

・・・等
今まで以上に、透析医学の発展、そして何より患者さまの健康と満足の為に日々努力してまいります。
心強い協力医療機関も得て、地域の皆様のご要望に、全力でお答えしてまいりたいと願っております。

透析はどうして必要?

腎臓は体液や血液中の水分量を調整し、電解質であるナトリウムやカリウム、カルシウムなどの濃度、浸透圧、pH(酸性・アルカリ性)を正常に保ち、体内の老廃物を排泄、造血ホルモンの産生など、重要な働きをしています。
腎機能が低下すると、体内に余分な水分や電解質がたまり、老廃物も排泄されず体内に蓄積されていきます。体を正常な状態に維持できなくなり、透析が必要となります。

血液透析とは?

人工腎臓を用いて、一定量の血液を送り、

  1. 血液中の老廃物を取り除き
  2. 過剰な水分を除去し
  3. ナトリウム、カリウム、カルシウムなどの電解質濃度を調節
  4. 血液pH(酸性・アルカリ性)の是正などを行い、再び体に戻します。
    1回の血液透析に要する時間は、4~5時間で、週に2~3回行います。

当科では、安全かつ快適な透析環境の整備、患者様に安心できる治療の提供や、患者様とのコミュニケーションを大切にし、また、ご家族様の負担を少しでも軽減できるよう医療・福祉サポートに努めております。

透析台数

50台

治療日

月曜日~土曜日
月・水・金は、セミナイトあり

通院透析・入院透析

外来透析患者様の送迎・専用駐車場の完備・入院施設完備

臨時透析

銚子方面での出張や旅行などで、いつも利用している病院での透析が受けられない場合の「臨時透析」も行っております。

当院での血液浄化療法

血液透析(HD)を中心としていますが、その他、
・通常透析が困難な場合の「血液濾過透析(HDF)」
・持続緩徐式血液濾過(CHDF)
・血液濾過(HF)
・閉塞性動脈硬化症に対しての「LDLアフェレシス療法」
…などの特異的な血液浄化療法を行うことが可能です。

各種制度の適用

※お問い合わせ、お申し込み等詳細につきましては、当院医療連携室までご相談下さい。

人工透析室

集中治療室

各ベッドに1台のモニターテレビ