業務内容

栄養科が担う業務は、患者さまの栄養状態に着目した臨床栄養管理業務および集団の食事計画・評価を行う給食管理業務からなる「栄養管理」、栄養管理部門が業務を運営するために必要な「事務管理」、従事者教育および衛生管理、健康危機管理業務を行う「その他の業務管理」に分けられます。

〈栄養管理〉
1.臨床栄養管理
・栄養スクリーニング
・栄養アセスメント 
・栄養管理計画作成 
・栄養食事相談 
・モニタリング、評価 
・療養食の提供 等

2.給食管理
・栄養基準量の設定
・献立の立案、作成
・各種調査(残食調査、嗜好調査) 等

〈事務管理〉
3.業務管理
・入院患者台帳管理
・食数管理
・食材料の発注、検収
・食品出納事務および管理
・施設設備、機器の整備等
・各種報告書作成 等

〈その他の業務管理〉
・部門内人事管理 
・従事者教育 
・調理作業管理
・従事者および施設の衛生管理
・健康危機管理 等

●職員食堂・職員食の運用業務
*職員食堂・給食は、職員の福利厚生の一環として実施されています。
*その環境は「ただ単に食事をとるだけの場」ではなく、同僚や上司部下また部門間のコミュニケーションの場でもります。
*今までの職員の声が反映されない一方通行の運営では、利用者は満足できません。そのために定期アンケートによる嗜好調査を行い、その意見を反映させ、よりよいものへ繋げなければなりません。
* 「毎日利用しても飽きない」ということが、提供する側の給食のあり方と言えます。
*提供される職員は、病院の食環境に対する考え方を理解し、全職員が利用することで意志疎通が密接になり、病院全体が活性化して行く、大切な環境であることを認識することが重要と考え運用しています。