管理型臨床研修病院からの研修医受入

研修医制度が現行のものになってから、民間病院からの医師の引き上げによる医師不足が問題になっています。
待っていれば勝手に医局から医師が派遣される時代ではなくなりました。
研修医の待遇、指導体制に力を入れ、「研修したい」と思わせる病院作りや自らの病院で育てていく事を考えないと、病院自体の運営にも影響してしまいます。

2011年度より当院では毎月「順天堂大学病院」や「聖マリアンナ医科大学病院」に所属する2年目の臨床研修医を受け入れています。
地域医療研修の一環なのですが、外来診療、病棟管理、検査、手術、訪問診療、地域医療連携の重要性など、地域医療は医師以外のコメディカルや患者様はもちろん患者様御家族も関わっているということを学んでいってほしいです。
そして貴重な2年間の研修生活のお役に少しでも立てれば嬉しく思います。

順天堂大学医学部付属順天堂医院 臨床研修センター 初期臨床研修についてはこちら

聖マリアンナ医科大学病院 臨床研修センターについてはこちら

聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院 臨床研修医採用サイトについてはこちら

※当院は「地域医療研修施設(遠隔地協力施設)」に指定されております。

受入状況(実績)


順天堂
大学
聖マリアンナ
医科大学
















西


2011年 7           7
2012年 18 4         22
2013年 12 8         20
2014年 14 13 1       28
2015年 16 12 4 1     33
2016年 19 13 7 4   1 44
2017年 18 15 4 4   2 43
2018年 14 13 12 6 1 2 48
2019年 20 13 11 10 3 1 58

※2019年度については予定数となります。

患者様へのお願い

「研修医の先生ではちょっと…」と思われる患者様も少なくはありません。
気持ちはわからなくはないですが、それを皆が言っていたら「学ぶ機会、経験を奪われ、今後患者を見る1人前の医師はいなくなる」という事態になります。
“医療を維持する”意味で研修医の受け入れは病院にとっても、患者様にとっても重要な時代だと思います。
どうか、ご理解のほどよろしくお願い致します。