管理型臨床研修病院からの研修医受入

研修医制度が現行のものになってから、民間病院からの医師の引き上げによる医師不足が問題になっています。
待っていれば勝手に医局から医師が派遣される時代ではなくなりました。
研修医の待遇、指導体制に力を入れ、「研修したい」と思わせる病院作りや自らの病院で育てていく事を考えないと、病院自体の運営にも影響してしまいます。

2011年度より当院では毎月「順天堂大学病院」や「聖マリアンナ医科大学病院」に所属する2年目の臨床研修医を受け入れています。
地域医療研修の一環なのですが、外来診療、病棟管理、検査、手術、訪問診療、地域医療連携の重要性など、地域医療は医師以外のコメディカルや患者様はもちろん患者様御家族も関わっているということを学んでいってほしいです。
そして貴重な2年間の研修生活のお役に少しでも立てれば嬉しく思います。

順天堂大学医学部付属順天堂医院 臨床研修センター 初期臨床研修についてはこちら

聖マリアンナ医科大学病院 臨床研修センターについてはこちら

聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院 臨床研修医採用サイトについてはこちら

※当院は「地域医療研修施設(遠隔地協力施設)」に指定されております。

受入状況(実績)


順天堂
大学
聖マリアンナ
医科大学
















西


2011年 7           7
2012年 18 4         22
2013年 12 8         20
2014年 14 13 1       28
2015年 16 12 4 1     33
2016年 19 13 7 4   1 44
2017年 18 15 4 4   2 43
2018年 14 13 12 6 1 2 48
2019年 20 13 11 10 3 1 58
2020年 23 14 10 12 1 2 62

※2020年度については予定数となります。

臨床研修医の声

順天堂大学医学部(本院、浦安、練馬、静岡病院)、聖マリアンナ医科大学より地域医療研修で当院に着任された臨床研修医の先生方より、研修を終え、地域医療の大変さ、重要性など様々な事柄についてコメントを頂いておりますので抜粋してご紹介致します。

 2019年度

聖マリ医科大学 髙木 宗兵 (2019年6月研修)

1ヶ月という短い間でしたが大変お世話になりました。自分が主治医となり治療方針を決定し、ご本人・ご家族に説明することは想像以上に難しい事であると痛感した研修でした。日々の疲れを癒やしてくれた昼食の献立ランキングは1位あんかけかたやきそば 2位鶏塩うどん 3位ハヤシライス 4位とんかつ 5位落花生の甘煮でした。今後の医師人生に今回の研修を役立てていきたいと思います。

順天堂大学浦安 佐藤 瑛一郎 (2019年7月研修)

島田総合病院のみなさま、1ヵ月間大変お世話になりました。高度急性期病院では学べない、患者様の生活に密着した医療に触れることができ、大変勉強になりました。特に、患者様の退院へ向けて、家族背景や家の構造、生活リズムや食事の好みに至るまで聞き、そしてご本人様、ご家族様と相談しながら方針を決めて行くことで、これが人を診るということなのだとほんの少し分かったような気がします。治療方針の立て方などまだまだ未熟で勉強したりないことは山ほどありますが、島田総合病院での経験を今後に活かしていければと思います。ありがとうございました。

順天堂大学本院 高橋 承子 (2019年8月研修)

1ヶ月間、大変お世話になりました!!初めて自分ひとりでファーストタッチから入院後の加療まで受け持つ立場になり、自分の無力さやこれまで「分かったつもり」で過ごしていたことを痛感する毎日でした。患者様に対してなにかひとつでも検査や治療をするたびに、いくつも文献を調べ、「これでよかったのか」と考え、患者様のことをたくさん考えた1ヶ月間でした。患者様に対する医師の責任の大きさだけではなく、医療現場に於いていかに看護師さんや技師さんなどコメディカルのスタッフさんの力が必要か、改めて感じる事が出来ました。島田総合病院での毎日はいつも刺激的で、てんやわんやになりながらも、多くの先生方やコメディカルのスタッフの方たちに支えられ、無事終えることが出来ました。CV挿入や気管支鏡など忘れられない思い出もできました。貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました!!!

順天堂大学浦安 爲谷 祐樹 (2019年9月研修)

1ヵ月間大変お世話になりました。初めて主治医として外来から入院管理、退院調整などを行う立場になって、患者様を診ることの難しさ・責任の重さを知ることが出来ました。外来では入院適応を考え、入院管理では治療方針を決めて家族や本人に説明を行うなど大学病院ではなかなか研修医という立場で行う事の出来ない部分を地域研修という場で学ぶことができてとても有意義な時間を過ごせたと思います。往診や松籟の丘での診察では地域の中核を担う病院の大切さを知ることが出来ました。最後になりますが、1ヵ月間温かく指導してくださった先生方や病棟・外来のスタッフの方を含め島田総合病院に関わる全ての方に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

順天堂大学本院 松下 瑞季 (2019年10月研修)

1ヵ月間本当にお世話になりました。当直での救急患者様のファーストタッチや外来初診患者様の対応、入院患者様の治療方針などをほとんど自分の考えで進めていくことができ、大学病院ではできない経験が出来ました。また地域医療特有の訪問医療についてもふれることができ、医師とコメディカルとの連携がいかに大切であるかを実感することができました。医療以外の面でも毎日スポーツをしたり、銚子の海鮮料理を存分に楽しみ、違う分院の同期とも仲良くなることができ、非常に有意義な1ヶ月間でした。島田総合病院で学んだ事を生かし、今後も患者様と向き合っていきたいと思います。1ヶ月間本当に有難うございました。

順天堂大学練馬 日比生 武蔵 (2019年11月研修)

1ヶ月間大変お世話になりました。上級医の先生方を始めたくさんのコメディカルのみなさんのおかげで大変有意義かつ楽しく島田総合病院での研修を終了することができました。
普段の研修病院でもチーム医療や地域連携を重視した医療を意識していたつもりではありましたがこの1ヶ月間では自分が主治医のポジションで主体的にかかわることが多く、1人の患者様の生活の場を整えて退院して頂く困難さを痛感いたしました。診療、手技や退院調整など満足に進まないこともありましたがどれもよい経験となりました。研修元の病院でこの経験を活かし日々の診療に活かしたいと思います。

順天堂大学浦安 武藤 麗奈 (2019年12月研修)

この1ヶ月、本当にありがとうございました。地域研修として、島田総合病院を選択したときには想像していなかったほどのたくさんの経験を積ませていただくことができました。主治医として患者様、ご家族に寄り添った医療を提供し、正しい判断をするという自分に与えられた責任を強く感じる時間でした。上級医の先生方を初め、数多くのコメディカルの方々にはたくさん支えていただき本当にありがとうございました。島田総合病院での経験を活かして、今後さらに医療に邁進していきたいと思います。ありがとうございました。

順天堂大学浦安 山内 友愛 (2020年1月研修)

1ヶ月間という短い期間でしたが、大変お世話になりました。島田総合病院では、自分で外来から入院させ主治医として入院治療に当たる、といった大学での研修では出来なかった経験をさせて頂きました。その中で大学での研修と比較し、自らより主体的に患者様に関わる重要性や主治医としての責任を痛感する場面が多々ありました。上級医の先生方や看護師さん始めコメディカルの方々にも沢山のご指導やご助力頂き大変ありがとうございました。この1ヶ月の経験を今後の糧として頑張って行こうと思います。有難うございました。

患者様へのお願い

「研修医の先生ではちょっと…」と思われる患者様も少なくはありません。
気持ちはわからなくはないですが、それを皆が言っていたら「学ぶ機会、経験を奪われ、今後患者を見る1人前の医師はいなくなる」という事態になります。
“医療を維持する”意味で研修医の受け入れは病院にとっても、患者様にとっても重要な時代だと思います。
どうか、ご理解のほどよろしくお願い致します。