専門研修(専攻医)の受入

新専門医制度がスタート

新しい専門医制度が、2018年4月に導入されました。
特定の診療領域について十分な知識や経験を持って適切な医療を提供できる「専門医」は、これまでさまざまな学会が独自に認定していました。
新制度では、学会や医師会、病院団体らが参加する日本専門医機構が設けた統一基準で認定されます。
目的は、専門医の質を確保するとともに、患者にも分かりやすい制度を作ることです。
医師が専門医と認定されるには、原則3~5年程度の研修プログラムを修了した上で、試験に合格しなければなりません。
新制度では、この専門医研修プログラムに登録、実践中の医師を「専攻医」と呼びます。

「研修医」に広義と狭義の意味

それでは、専攻医と研修医はどう違うのでしょうか。
実は、研修医という言葉も、専門医認定が学会次第でばらばらだったように、あいまいに使われてきました。
狭義では、医師国家試験に合格した後に2年間義務づけられている「初期臨床研修」中の医師を言います。
初期臨床研修は、基本的な診療能力のある医師を養成することを目的に、2004年度に始まりました。
法律に義務づけられた制度で、内科、外科、救急などを2年間かけて回ります。
これに対して、初期研修を終えて専門の診療科へ進んだ医師を、よく「後期研修医」と呼びます。おおむね3~5年目の医師をさします。
そこで、広義では、後期研修医も研修医という枠に含めてきました。
ただ、初期研修と後期研修では、制度的な位置づけでも仕事の内容でも、両者の立場は、大きく異なります。
3年目以降の後期研修医ともなれば、病院は若手の貴重な「戦力」と捉えます。

順天堂大学医学部付属順天堂医院内科 専門研修(専攻医)についてはこちら

年間担当スケジュール

◆順天堂大学医学部附属浦安病院内科研修プログラム登録者

2021年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
氏名
(所属)
萩原 悠
(消化器内科)
本島 舞
(呼吸器内科)
菅原 優香
(循環器内科)
藤岡 りこ
(呼吸器内科)
太田 奈那
(呼吸器内科)
  藤岡 進也
(呼吸器内科)
川井 真希
(腎・高血圧内科)

受入状況

専門 2020年度 2021年度
循環器内科医 2 1
腎・高血圧内科医 2 1
消化器内科医 2 1
呼吸器内科医 1 4
合  計 7 7

※2021年度は予定数となります。

専攻医の声

 2020年度

佐藤 瑛一郎 専門:循環器内科

順天堂大学医学部附属浦安病院内科研修プログラムでの連携施設研修として、3ヶ月間働かせていただきました。
島田総合病院様には、昨年初期研修医として1ヶ月間お世話になりました。初期臨床研修が終わっただけでまだまだ半人前以下ではありますが、そんな自分の中でも主治医としての多くの経験は、ここ島田総合病院で得られたのではないかと考えています。
ご縁があって再び戻ることができ、その経験を活かす場を与えてくださり、またそれを暖かく迎えてくださりました。3ヶ月間大変お世話になりました。ありがとうございました。

神保 泰久 専門:消化器内科

島田総合病院で専攻医栄えある1期生神保泰久です。
島田総合病院の皆さん3ヶ月お世話になりました。初めて来た土地、
初めて来た病院とは思えないほど暖かく迎えていただき、感謝が絶えません。
この3ヶ月は新型コロナウイルス感染症の流行の極期で、普通に生活しているだけでストレスがかかる環境ではありましたが、診療面においては緊張感がありながらも仕事に楽しさも感じることができましたのはひとえに皆様のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

山本 陽平 専門:循環器内科

外来、病棟のスタッフの方々を始め、色々な方に非常にお世話になりました。3ヶ月間本当に皆様ありがとうございました。
島田総合病院には研修医2年目の1月以来であり、今度は循環器の医局員として、後期研修で赴任をさせて頂き、より一層の責任感と緊張感を感じ、非常に身の引きしまると共に、カテーテル検査を始めとして手技を多く経験させて頂き、治療に関しても一医師として研修医の時とは比較出来ないほど、悩んだり葛藤したりと非常に大きな経験をさせて頂きました。
そういった経験の度に色々な方々に助けて頂き、この3ヶ月間は本当に色々な方にお世話になって非常に感謝しております。重ね重ねありがとうございました。
またご縁がありましたら、宜しくお願いいたします。

生駒 一平 専門:消化器内科

2019年の4月研修医2年目の際に初期研修医としても1ヶ月間お世話になりました。病院に到着した際に主治医としての経験を初めて積んだ病院であり、身の引き締まる思いとともに、同期や先生方、スタッフの皆様方と過ごせた楽しい1ヶ月を思い出しました。
専攻医として責任が重くなる一方で、大学病院ではなかなか出来ない内視鏡検査等の経験を積むことが出来ました。機会があればまた、消化器内科として更に経験を積んだ状態で赴任し、恩返しが出来ればと思います。3ヶ月間有り難うございました。

梅澤 由佳子 専門:腎臓内科

3ヶ月間大変お世話になりました。
力不足を痛感する毎日で日々皆様にご迷惑をおかけしてしまいましたが、優しく助けてくださりありがとうございました。主治医として、また研修医に指導する立場としてはまだまだ未熟ですが、幅広い分野でたくさんのことを経験させていただきました。
島田総合病院の皆様に暖かく見守って下さり、時にはご指導いただいて楽しく有意義な時間を過ごすことができました。3ヶ月間ありがとうございました。

芝山 浩平 専門:呼吸器内科

昨年研修医として島田総合病院で研修させて頂き、今回1年半ぶりに専攻医として働かせて頂きました。昨年来た時を振り返ると知識・技術ともに至らないことが多く、島田総合病院のスタッフ皆様の手厚いサポートがあり、より良い医療を提供出来ていたのを思い出します。
今回も変わらない皆様のサポートのお陰で、患者様に良い医療を提供することが出来ました。ありがとうございました。今後も島田総合病院で得られた知識・経験を糧に更に成長できるよう励みたと思います。3ヶ月間大変お世話になりました。ありがとうございました。

廣瀨 瞳 専門:腎臓内科

島田総合病院のスタッフの皆様,3ヶ月間ありがとうございました。
年度も終盤に近付いた1-3月のローテートで,これまでの内科研修や専門の腎臓内科で身につけた知識・技能が試される3ヶ月となりました。初期研修医の時に比べできるようになったこともあれば,やはり自身の未熟さを痛感する場面が多くありました。内科に限らず各科の先生方やコメディカル、院内の全ての皆様に大変お世話になりました。たくさんのご迷惑をおかけしましたが、その度に温かくフォローしてくださり、本当に励まされました。島田総合病院での経験を活かし、これからも研鑽を積んで参ります。本当にありがとうございました。